2016 自転車ツーリング_INDEX

| コメント(0) | トラックバック(0)
2016map.gif

2016ツーリングマップ

list.gif 11日目  自宅 → 苫小牧東港 味の大王総本店へ遠回り
list.gif 12日目  フェリーの人 → 敦賀東横イン 敦賀は台風並みの強風
list.gif 13日目  敦賀東横イン → マイアミ浜キャンプ場 恐怖の土曜日
list.gif 14日目  マイアミ浜キャンプ場 → アーバンホテル京都 京都は観光で疲れる
list.gif 15日目  アーバンホテル京都 → 大阪東横イン 警官に怒られる(>_<)
list.gif 16日目  大阪東横イン → 大阪東横イン 人生初の大阪観光(連泊)
list.gif 17日目  大阪東横イン → 淡路島(キャンプ) 淡路島へ寄り道
list.gif 18日目  淡路島 → 淡路島(ホテル) 水難の一日
list.gif 19日目  淡路島 → 姫路(ホテル) 姫路城とひねぽん
list.gif 10日目  姫路 → 小豆島(キャンプ) 小豆島へ寄り道
list.gif 11日目  小豆島 → 高松(ゲストハウス) うどん食べ走り(歩き)
list.gif 12日目  高松 → 倉敷YH やっとのことで中国地方に入る
list.gif 13日目  倉敷YH → 向島(キャンプ) 恐怖の土曜日パート2
list.gif 14日目  向島 → 今治(ホテル) しまなみ海道・まさかの今治
list.gif 15日目  まさかの今治 → 呉市(ホテル) とびしま海道・土砂降りの呉
list.gif 16日目  呉市 → 宮島(キャンプ) かきしま海道(一部だけど)
list.gif 17日目  宮島 → 宮島(連泊) 鹿とのバトルと広島観光
list.gif 18日目  宮島 → 周南市(ホテル) 本州の端っこ山口県突入
list.gif 19日目  周南市 → 下関東横イン 九州に上陸、少し悩む
list.gif 20日目  下関市 → 青海島(キャンプ) 恐怖の土曜日だけどキャンパーは僕だけ
list.gif 21日目  青海島 → 萩YH 秋吉台に感動、萩YHにも違う意味で感動
list.gif 22日目  萩YH → 津和野(ゲストハウス) ロートルエンジン壊れる
list.gif 23日目  津和野 → 温泉津温泉 温泉で療養
list.gif 24日目  温泉津温泉 → 大田市(ホテル) 石見銀山で学習
list.gif 25日目  大田市 → 宍道ふるさと森林公園 出雲大社へお礼参り
list.gif 26日目  宍道ふるさと森林公園 → 松江市(ホテル) 松江城・島根県立美術館
list.gif 27日目  松江市 → 隠岐の島(民宿) ローソク島に感動、天気に感謝!
list.gif 28日目  隠岐の島 → 境港(ホテル) 雨でテント泊→ホテルへ。軟弱な自分。
list.gif 29日目  境港 → 鏡ヶ成キャンプ場 いざ大山へ!
list.gif 30日目  鏡ヶ成キャンプ場 → 関金温泉 ひるぜん焼きそばを食べるため
list.gif 31日目  関金温泉 → 鳥取市(ホテル) 旅先での訃報
list.gif 32日目  鳥取 → 鳥取(連泊) 仕事のため一日休み
list.gif 33日目  鳥取 → 今子浦(国民宿舎) キャンプ場に着いたらクローズ orz
list.gif 34日目  今子浦 → 間人(温泉) 雨でテント泊→ホテルへ。軟弱な自分2。
list.gif 35日目  間人 → 舞鶴港 とりあえずゴール!
list.gif 36日目  フェリーの人 → 小樽(ゲストハウス) 船旅は本当にイイ!
list.gif 37日目  小樽 → 苫小牧港 最後の最後にトラブル発生
list.gif 38日目  苫小牧 → 自宅 無事帰還

2016 自転車ツーリング 38日目 6月8日

| コメント(0) | トラックバック(0)

あと10分ほどで八戸港に着岸する。

ウイスキーがカップに残っていた、途中で寝てしまった模様、記憶が無い。よほど疲れていたのだろう。

Posted from するぷろ for iPhone.

2016 自転車ツーリング 37日目 6月7日

| コメント(0) | トラックバック(0)

早く出発したいと言う私のわがままを聞いてくださったヘルパーさんに感謝。
朝食を頂いて7時30分にお宿を出発。

宿を出て500mくらい走ったところでパンク、パンクと言うか爆発!!
何事かと付近の方々が何人か外に出てきたくらいの破裂音!


タイヤには何の異常も見られない。
チューブだけが30センチほど裂けている、こんな事は初めてだ。
下りでスピードが出ている時だったら大事故になっていた可能性大。

今回は35Cのタイヤなのでチューブもちょっとかさばる。なのでいつもは予備チューブ2本のところ今回は1本だけ、なのでもうあとが無い。

ここで予定を変更。

出発時点では真駒内から峠越えで支笏湖に抜けモラップキャンプ場泊りのつもりだったけど、予備チューブなしでは無謀と思える。
何かトラブルがあっても対応できる国道沿いで千歳市を目指し、そこでまたルートを考える事に。
それにしてもこの旅初のトラブルは何かを暗示しているような気がしてならない。

札幌。
学生の頃住んでいた寮はまだ建っていた。寮ではなくなっていたが。


大通公園。明日からYOSAKOIソーラン祭りだった!惜しい!!


ススキノ。


味噌ラーメンを食らう。


うまし!

この時点ではまだモラップキャンプ場を諦めてはいなかったのだが・・・

信号で止まる時は間際にシフトダウンしてスタートする時はスムーズに走り出せるようにしているのだが、某バスが割り込んで来て急ブレーキ。シフトダウンする余裕がなかった。
なので重いギアでスタートする事になり、スタンディングで左足の引き足に力を入れた瞬間

空回り。

なんで?なんで今までトラブルなく来ていたのに、今日は2度目の重大トラブル。


何らかの力がモラップキャンプ場へ行くことをやめさせようとしているのか?


諦めた。


Posted from するぷろ for iPhone.

ーーー  以下は後に追記  ーーー

チェーンが切れたと同時に気持も切れる。
モラップキャンプ場は仕切り直すことにして、ゆっくりと苫小牧港を目指すことにした。

道の駅花ロード恵庭・えびすかぼちゃソフト。
・・・かぼちゃの味はどこ?


IMG_4578.jpg


IMG_4578.jpg

やはり北海道は走りやすい!大型車両の多い36号線だが安心して走ることができる。


IMG_4584.jpg


IMG_4584.jpg

初日に食べたラーメン屋さん。
カレーラーメンで締めくくろうかと思ったけどメニューを見ていたら気が変わった。


IMG_4589.jpg


IMG_4589.jpg

新メニューをオーダー、あとエゾシカぎょうざとホッキぎょうざも追加オーダーする。


IMG_4592.jpg


IMG_4592.jpg

エゾシカぎょうざうまし。

苫小牧フェリーターミナル
仙台行きフェリーを見送る。


IMG_4602.jpg


IMG_4602.jpg

帰りもシルバープリンセス


IMG_4603.jpg


IMG_4603.jpg

シュラフとウィスキーと着替えとサンダルを持って客室へ。

今回の旅も99%終わり。既に旅ロス。

2016 自転車ツーリング 36日目 6月6日

| コメント(0) | トラックバック(0)

舞鶴港ー小樽港 移動距離は1,061Km

現在奥尻島沖を航行しているので携帯の電波をつかんでいる。

今日なら奥尻島からは素晴らしい夕焼けが見られることだろう・・・

20:45分、35日ぶりに北海道に降り立つ、寒い!気温は11度。
さすがに1000キロ以上移動すると鈍感な私でも気候の違いを肌で感じる。

小樽港から1キロちょっとのところにある坂の上のバックパッカーズホステルが今日の宿。
札幌まで走るか!とも考えたが却下して正解。


Posted from するぷろ for iPhone.

ーーー  以下は後に追記  ーーー

今日のフェリーはライダー、チャリダーが多い。
北海道はこれからがいい季節だ・・。
出航は00:30分だけど11:15分くらいに乗船することができた。バイク・自転車は有利。
結果一番風呂をゲット。

IMG_4539.jpg


お風呂のお湯がまだぬるかった!

敦賀ー苫小牧と違って出航前のカフェはクローズ。
部屋に戻り軽く晩酌して就寝、と言うか寝落ち。エンジン音とかすかな振動が心地よいからだと思う。

朝飯前に洗濯機に昨日着ていたものを放り込んでからレストランへ向かう
洗濯の終わる時間を見計らいながら食事を済ませたら洗濯機から乾燥機へ移して、そのまま朝風呂へ。

お洗濯物をたたんで

IMG_4542.jpg


意外に几帳面なあたし

朝ビー!サッポロクラシック。

IMG_4544.jpg


お風呂上がりのビールはうまし!

恒例のビンゴゲームに参加

IMG_4548.jpg


残念賞

リーチすらかからなかった orz

映画を見たり昼寝をしたり船旅を楽しむ。
でも正直言うと敦賀ー苫小牧の直行便の方が快適だ。

奥尻島

IMG_4554.jpg


2011年の北海道ツーリングが懐かしい

行きたい!
このあたりからはずーっとデッキで景色や夕日を見て過ごす。神威岬もはっきりと見えた。


約20時間の船旅を終え、宿に向かう途中に赤信号で止まった交差点が偶然にもメルヘン交差点で、更に偶然が重なり時刻は21時「ポーッ」といきなり蒸気時計が鳴り響いてビックリ!

IMG_4560.jpg


おたるないバックパッカーズホステル 杜の樹

昔の私なら連泊してウダウダ過ごすこと間違いなしのお宿。

2016 自転車ツーリング 35日目 6月5日

| コメント(0) | トラックバック(0)

京都府京丹後市丹後町間人ー舞鶴港
梅雨入り。
敦賀まで走ってフェリーに乗る予定だったが、梅雨入りしてしまったので迷いもなく舞鶴からのフェリーに変更。

敦賀からのフェリーならば苫小牧東港に着くので、いつも通りギリギリその日の八戸行きのフェリーに乗ることができる。
舞鶴からだと小樽港に着くので苫小牧港まで走る事になるが、梅雨入りした舞鶴から敦賀まで走るより、梅雨の無い北海道を走る方がいいと思われる。

Posted from するぷろ for iPhone.

ーーー  以下は後に追記  ーーー

夜中に激しい雨音で目をさます。
この雨音じゃ洒落にならんと、あれこれ思考を巡らせたが、
そういえば宿にしたんだっけ・・・と安堵してまた眠りに落ちる。足がだるい。

宿から1分の所にある柱状玄武岩でできている立岩
雨はあがってくれた。

IMG_4485.jpg


この岩に鬼を封じ込めたといわれているそうな


昨年に引き続きまさかの全面通行止め!

IMG_4486.jpg


昨年の107号線の通行止めを思い出す

凝りもせず丹後半島を海岸線に沿ってトレースしようと思っていたけどルートの変更を余儀なくされる。



遠くに海が見える高原

標高500mの峠越え。
勾配はそれほどきつくはなかった、絶対に海岸線の方がきついと思われる。

IMG_4493.jpg


天気も良くなってきた!

キャラダイスのサドルバッグ(キャンパー ロングフラップ)
収納力に惚れる。ロングフラップの折り返し部分にトレックライズのポールがピッチリはまるのもイイ。


伊根の舟屋

IMG_4505.jpg


映画やドラマのロケ地としても有名


IMG_4515.jpg


保存されているのではなく実際に生活されている

先に道の駅まで上って全景を見渡してから下ってきた。
近くで見ると本当に海ギリギリに建ち並んだ舟屋群。素晴らしいとしか言いようが無い、海の透明度もいい。

その反対側から見ると舟屋だとは気付かない造り(道路右側の建物が舟屋)

IMG_4502.jpg


舗装状態はかなり悪い

TANTANロングライドの参加選手達に追い越されながら二年ぶりの天橋立

IMG_4516.jpg


ケーブルカーと平行してリフトもある

一昨年とは反対側。これで両端制覇。

股のぞき

IMG_4521.jpg


写真を180度回転

砂州を走ってショートカット

IMG_4525.jpg


砂は固く走行にはまったく支障なし

船が通るたびに90度旋回する廻旋橋でしばし足止め。一昨年も橋の反対側で足止めをくらっている。

IMG_4527.jpg


1時間ごとらしい。運がいいのか悪いのか?

ここから舞鶴港までは一昨年走ったコースを逆にたどる。

2年前に訪れた時は営業時間前だった 道の駅舞鶴港とれとれセンター。

IMG_4530.jpg


お寿司を少し食べたけど・・・

同じく営業時間前だった赤れんが博物館。
明治時代の旧舞鶴海軍の魚雷庫。

IMG_4531.jpg


レンガのいい勉強になりました

舞鶴港に降り立った2年前は下船後そのまま宿へと走り出したのでフェリーターミナル内に入るのははじめて。

IMG_4537.jpg


敦賀の方がだいぶ立派

舞鶴港は敦賀港に比べると規模が小さく正直言って見劣りする。
でも、徒歩10分で市内に行くことができるので、自転車をフェリーターミナルに置いて飲みに行くことができるのがいい。

そして歩いて行ったお店は一昨年に泊まったホテルのすぐ側だった。懐かしい。

IMG_4536.jpg


自転車と人しか通れない橋を渡るとホテルはすぐだったんだと知る

フェリーターミナルに戻りポテチを食べながら乗船を待つ。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11